医療法人社団 有楽会 有楽町皮膚・泌尿・形成クリニック

  • 0120-761-907  年中無休 ご予約受付
  • お問い合わせ

保険医療機関各種保険取扱
初診随時受付・ご予約受付いたします。

ホーム > 診療内容 わきが

わきが

わきがは「腋臭症(えきしゅうしょう)」とも呼ばれ、独特の強いニオイを発する症状です。しかし、自分のにおいにはなかなか気付きにくいものです。また、実際には大したニオイでなくても過度に気にしている場合もあります。わきの汗やニオイが気になる方は、お気軽にご相談ください。

汗腺の種類とわきがの原因

汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という2種類の分泌腺があります。エクリン汗腺は皮膚の浅い部分にあり、この汗腺から出る汗の成分はほとんどは水分です。アポクリン汗腺は皮膚の深い部分にあり体毛につながっており、体毛の多く集中しているわきの下や陰部、耳の中、乳首の周辺等に多く分布しています。アポクリン汗腺から出る汗の成分はタンパク質、糖類、脂質、鉄分、蛍光物質などで、これらがニオイや汗ジミの原因になります。

分泌されたばかりの汗や皮脂は無臭ですが、わきの下にいる細菌がこれらを分解することでニオイが発生し、脂肪酸と、アンモニアや水酸化物が混ざった揮発性の高いニオイ物質に変化してワキガ臭となります。また、エクリン汗腺から出る大量の水分も細菌を増殖させる作用を持っています。複雑な要素が絡み合うわきがを解消するには、知識と経験をもった医療機関で治療することをおすすめいたします。

ニオイのもとを確実に取り除く剪除法

わきの下の皮膚を3〜4cmほど切開し、ニオイの元になるアポクリン汗腺を取り除きます。直接目で確認しながら汗腺を除去するため再発の可能性は非常に低く、高い治療効果が期待できます。重度のわきがに対しても確実性の高い方法です。手術は局所麻酔を用いておこないます。腫れはほとんどなく、内出血がでることがありますが、通常1〜2週間程度で落ち着いてきます。

わきが詳細情報

●剪除法

適応

わきが、多汗症

施術時間

1〜2時間。ダウンタイムは1〜2週間。

通院回数

3〜4回

注意事項

術後数日間は激しく腕を動かさないようにしてください。2〜3週間後には運動も可能となります。傷跡はわきの下のしわと一体化して目目立たなくなります。わきが手術でわき毛はかなり減少します。

このページの先頭へ

わきが | ほくろ/瘢痕修正 | 包茎(真性包茎/かんとん包茎) | パイプカット | ニキビ | アトピー

クリニック案内 | ドクター紹介 | 交通のご案内 | お問い合わせ